松岡修造の名言



「100回叩くと壊れる壁があったとする。
  でもみんな何回叩けば壊れるかわからないから、 
  90回まで来ていても途中であきらめてしまう。」


    松岡修造


 
 プロテニスプレーヤー、スポーツキャスター、タレントである松岡修造さんの名言です。
 出来ると分かっていることならば、誰でも出来ます。ただし、出来るかどうかわからないこととなると、大半の人が途中であきらめてしまうのではないでしょうか。そういった局面に置かれたとき、私達の”信念”が試されることとなります。
 本気でやりたいと思ったら、最後までやりきることです。途中で挫けそうになったときは、この言葉を思い出しましょう。


相田みつをの名言



「しあわせはいつもじぶんのこころがきめる」


    相田みつを



 詩人・書家であった、相田みつを(本名;相田光男)氏の名言です。
 最近は、携帯電話の待ち受け画像やmixiのトップ画像に相田みつをの言葉を表示させている方も多いのではないでしょうか。

 自分は不幸なのだと、決めつけてしまってはいませんか。不幸というのは、自分自身がどう思うか、どう考えるか、どう反応するか、どう行動するかによっては、幸せに変えることが出来ます。幸せを作るのは、私たち自身の心なのです。逆に言うと、私たちはどのような状況からも幸せを感じることが出来るということなのでしょう。

 心構え、気の持ちよう。行き詰まったときに思い返したい言葉です。


マイケル・ジャクソンの名言



「踊る時に考えるのは最大のミス。感じることが大切なんだよ」     

   マイケル・ジャクソン


 ギネス・ワールド・レコーズに”史上最も成功したエンターテイナー”として認定されている、マイケル・ジャクソン氏の名言です。
 マイケルの最大の魅力といえばダンスでしたが、マイケルのようなトッププロであってもそうでなくても、自由自在に踊れるようになるまでは、一定の訓練を積む必要があります。
 頭で考えているようでは、まだ練習が足りない。”感じること”ができる、という状況は、一種のフロー状態だと捉えることができるのではないでしょうか。自然と体が動くようになるまで学習すれば、おのずとインスピレーションが沸き、優れたアウトプットが生み出せるものと思います。


サイト内検索
ブックマークする
このサイトを応援する

人気ブログランキング
selected entries
categories
recent comment
recent trackback
links
profile
others
sponsored links
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM