盛田昭夫の名言2



「アンテナをはれ!勉強は楽しんでやるものだよ」

    盛田昭夫



 前回に引き続き、ソニー元会長盛田昭夫氏の名言です。
盛田昭夫氏はいつになっても好奇心旺盛で、新しいものや流行に強い関心があったと言われます。これまでにソニーがヒット商品を生み出し続けてこられたことに、ある意味「大人の中に生きる子供」ともいえるような、盛田氏の強い好奇心が大きな影響を与えていたことは想像に難くありません。
 私達は、ややもすると強制的に勉強をさせられてきたかもしれません。もしかすると学校の勉強が嫌いだったかもしれません。しかし、「学び」とは自身の好奇心からもたらされるものであると私は思います。たとえ今は「やらなければならない」勉強であったとしても、そこに少しでも「知りたい」という好奇心があれば楽しんでやれるのではないでしょうか。


盛田昭夫の名言



「学歴はなくてもいいけれども、学力はなければならない」

    盛田昭夫



 前回の記事で紹介した井深大と同じ、ソニー創業者の一人である盛田昭夫(もりたあきお)の言葉です。
 「学歴不問」、「学歴主義を廃した実力主義」という、ソニーの新入社員採用のモットーがこの言葉によく表れています。学歴というものは形式的なものであり、実際的な仕事の能力をそのまま示すものではありません。学歴よりも、実際に個々人が発揮する力=学力の方が重要であるという本質を追い求めた結果、盛田昭夫は採用の学歴不問を謳ったのでしょう。
 (詳しく知りたい方は、ソニー 会社を変える採用と人事という書籍をご覧になって下さい。)

 形式というものは現在も社会に溢れており、それが完全に不要ということではありません。しかし私たちが物事を進める際には、形式のみならずそこに必ず存在する「本質」には常に意識を向けることを忘れずにいたいものです。


サイト内検索
ブックマークする
このサイトを応援する

人気ブログランキング
selected entries
categories
recent comment
recent trackback
links
profile
others
sponsored links
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM