桑田真澄の名言



「試練が人を磨く」

    桑田真澄


 PL学園高校では清原和博選手と共に甲子園で活躍し、読売ジャイアンツでの21年間の活躍を経て、39歳でのメジャーリーグデビュー。そして先日現役を引退することとなったプロ野球選手、桑田真澄投手の、著書のタイトル「試練が人を磨く 桑田真澄という生き方」ともなっている名言です。
 日本プロ野球で数々のタイトルを獲得するなどの華々しい業績の一方で、桑田選手は数々の困難に直面してきました。グラウンドで結果を出すというプロ野球選手としての面だけでなく、ドラフト時の密約疑惑など、プレー以外の面で起こった様々な問題と、苦悩。それらを桑田選手がどのように乗り越えてきたか、桑田真澄という人間がどのように考えてきたのかが、上記の本に書かれています。
 この本を読むと、桑田真澄さんがいかに謙虚な人間かということが、手に取るように分かると思います。「死んだろうかな」と思うほどの苦しみまでも乗り越えたエピソードは、今現在悩みを抱えている方にとって、勇気を与えてくれるものであることは間違いありません。
 苦しい状況を試練ととらえ、自分の糧とする。失敗を教訓とし、失敗という経験が出来たことにも感謝する。物事を謙虚に考えるから感謝をし、感謝することが出来るから謙虚でいられるのだと私は思います。そしてそこから生まれた大きな力が、確実に桑田選手の原動力となったのではないでしょうか。
 「謙虚」であることの大切さについて改めて考えさせてくれたことを、桑田真澄さんに感謝しています。


サイト内検索
ブックマークする
このサイトを応援する

人気ブログランキング
selected entries
categories
recent comment
recent trackback
links
profile
others
sponsored links
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM