レオナルド・ダ・ヴィンチの名言



「食欲なくして食べることが健康に害あるごとく、欲望をともわぬ勉強は記憶をそこない、記憶したことを保存しない」

    レオナルド・ダ・ヴィンチ



 イタリア、ルネサンス期を代表する万能の天才、レオナルド・ダ・ヴィンチの名言です。レオナルド・ダ・ヴィンチが絵画、彫刻、建築、土木といった様々な分野で才能を発揮する支えとなったのは、人並み外れた願望や、そこから生まれるモチベーションの高さだったのではないでしょうか。
 何かを「やりたい」と思っている時は、熱意に満ち、集中力は増し、最高の成果を挙げることが出来ます。ところが一方、目的もはっきりせず、だらだらやるだけの作業では能率も上がらず、勉強の効果も上がりません。
 何かを「やる」ための原動力となる「欲」を、食欲にたとえたのは非常に分かりやすいと思います。欲というエネルギーに対して、もっと目を向けてみてもいいかもしれません。


サイト内検索
ブックマークする
このサイトを応援する

人気ブログランキング
selected entries
categories
recent comment
recent trackback
links
profile
others
sponsored links
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM