松岡修造の名言



「100回叩くと壊れる壁があったとする。
  でもみんな何回叩けば壊れるかわからないから、 
  90回まで来ていても途中であきらめてしまう。」


    松岡修造


 
 プロテニスプレーヤー、スポーツキャスター、タレントである松岡修造さんの名言です。
 出来ると分かっていることならば、誰でも出来ます。ただし、出来るかどうかわからないこととなると、大半の人が途中であきらめてしまうのではないでしょうか。そういった局面に置かれたとき、私達の”信念”が試されることとなります。
 本気でやりたいと思ったら、最後までやりきることです。途中で挫けそうになったときは、この言葉を思い出しましょう。


サイト内検索
ブックマークする
このサイトを応援する

人気ブログランキング
selected entries
categories
recent comment
recent trackback
links
profile
others
sponsored links
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM